サーフボードのフィンについて再確認

相変わらずのマイペースブログですが宜しくお願いします。 

さてと、今回はサーフボードのフィン。 
以前から多くのユーザーの方々にフィンに関しての疑問等を度々質問されているので、今回はフィンの性質、素材、効果等を 私の私観 で話していきたいとおもいます。

まずは沢山聞かれるのが素材。 マテリアルってヤツですね 

 個々のフィンブランドで真っ白のプラスチックな感じのフィン。
コレは素材はファイバーグラスと樹脂を混ぜ合わせて形成して圧縮成形したモノ。 
※そこそこフレックスありますね〜 

さて次に多くのフィンブランドが多様しているハニカム。 
フィンのコア素材に多様されているハニカムという素材。

こんな感じの大きなロールでファイバーグラスのロールに近い感じであります。
では拡大してくと… 

こんな感じで大きなロール状態での素材であります。 

私達シェイパーやサーフボード業界ではコレをハニカムコアマットと言います。
略すと一言。 

『コアマット』 

もともとはアメリカズカップのヨットセーリングやF1のモーターサイクルからの下流れ的にこの様なハニカム、
カーボン等のマテリアルが ウインドサーフィンやウェイクボード業界に入ってきました。
そこからの流れでサーフィン業界に入ってきました。 

では、そのハニカム。 

サーフボードのフィンに多様されていますね。 
ほぼ全てのサーフボードフィンにこの様にコアマットが 使用されています。

見た目カッコいいですよね〜 あと 、軽いw

その通りです。 
何故なら上の画像のフィンのハニカムの六角形の中心にはレジン(樹脂)が入っていない為軽いのです。 
そう、軽い!!   
サーフボードの重量バランスのテールが軽ければターンも軽い⭕️ 

軽いナイス!!  と、思ってしまうのが残念…  実はこのコアマット 
柔軟性は皆無なのです。。。。

※ハニカムコアマットの 性質

☆曲げ強度が増す
☆弾性が減る 
☆重量は軽減出来る 
☆製作コストの削減 

フィンってターン時のパワーを受け止めてそれをしなりと面積、エリアで受け止め反撥させてターンパワーに持っていくのが理想だと思ってます。
ですのでコレだけ見るとハニカムってどうなの?? って思うかもしれません。 

そこでフィン自体での特性にいきます。 

先ずはフィンの理論

フィンとはサーフボードのボトムにあり乗り手のサーファーの舵になるアレですw

上の画像にありますがフィンの斜めになる角度等をレーキやSWEEP等で表します。

フィンが後ろに反っていればいるほど大きなターンとターン時の伸びしろが得られます。 
(右のAM2ですね)
波のパワーがある時(外洋)やリーフブレイク等がお薦めです。

では間逆に反りが少ない方は 
(左から2番目のWCT)
フィン自体の波の抵抗値が少ないので回転性があるにでビーチブレイクやチョッピーコンデションのタイトアクション等にお薦め です。
そう、ガンガン板を動かしたい人にお薦めですね(^^)

ここから重要。 フィンの理論。 

フィンベース。 (フィンのサーフボードに接する面積)
このベースエリアが大きくレーキしているフィンはボトムターン時により大きなドライブ性能を出します。 
しかし、ベースエリアが大きければターンは大きくなりコンパクトなクイックターンは失われます。 

逆にベースエリアが狭く レーキしていないフィン(俗に言う立っているFin)
俗に言うピボットフィン系 
この様なモデルはラインディング時でホールド性ロスなのでレスポンス重視のクイックなターンムービングに優れています。 

そこで一息。 
そもそもフィンばかりにとらわれて基本のサーフボードの性能を考えて忘れていませんか? 

80,sや70,sのリアルビンテージの板のシングルBoxフィンに近年のシングルフィンが合う訳ないし… 
その当時でのロッカーやアウトラインにあったフィンがその時代でのマストであり… 

今回のフィン話し… 結構永くなりそうなので今回はこの辺でゴメンなさい。 

続きは… 

以上宜しくお願いします。 

http://www.ryosukehori.com で掲載されていた 2017/11/13 の記事です

Follow me!