夏の終わりに、ゾッとするお話し…

私は毎年のように冬季にはインドネシアのロンボク島に滞在するのだけれど、そこで数年前に聞いた怖いけれど悲しい話し。 

インドネシア、バリ島からすぐお隣のロンボク島。 
そのロンボク島1番の世界的に有名なデザートポイント。 インドネシア通ならばBangko-Bangko(バンコ バンコ) 

そうスーパーシャローでビッグバレルのレフトウェーブなあのポイント。 
位置的にはこんな感じでロンボク島の最西端のポイント。 

このバリ島とロンボク島の間の海峡は 非常に海流の流れが強く、この海峡を挟んで西のバリ島、東のロンボク島と動物分布の境界線であるウォーレス線が引かれるぐらいなのね 

あ…f^_^;)💦 話し逸れた… 

本題でのデザートポイント。 

ね! ヤバいぐらいのレフトウェーブでしょf^_^;)

私もバリ島からのボードトリップで何回か行ったがハイシーズンの乾季でなかった為 、ここまでのパーフェクトには当たっていませんが… 

先述の様にこのポイントは潮流の流れが半端無く 
私達のボートトリップメンバー数名がカレントに捕まり一気にアウトまで押し出されディンギーでボートスタッフが助けに行く事態がありました…f^_^;)💦 

そこでの今回のゾッとする悲しい話し。 

ロンボクのグルプックポイントのローカルサーファーとロンボククタローカルサーファー全部で4人、このデザートポイントに ちょいサーフトリップ。

皆んな車ではなく各々バイクでデザートポイントまでひた走り 
デザートポイントの岸には数軒のロスメンとワルン (安宿とめし屋)

アウトにはサーファー誰も居ず、皆んなすぐに着替えてパドルアウト 

ラインナップには4人のみ。 
交互に4人で波乗り仕放題。 

しかし、そのうち波に乗ると 後ろにサーファーが!!!

ドロップインではと波からプルアウト。で他のメンバーも波乗ったら後ろにサーファー居たからプルアウト 
ってな感じを何回か体験して、数人はその後ろのサーファーをチラ見ながら確認していた …

皆んなほどほどに波乗りに疲れて岸に上がったら、そこのワルンの前には自分たちのバイクしかないのです!?
で沖を見てもサーファー誰も居ない。 

 アレ!?

ってな具合で4人共さっき までの状況をお互いに話しあう。自分たち以外のサーファー居たよね〜f^_^;)💦???
うん、居た居た!!!  見たもん!!! って感じで… 

で、そこのワルンのオヤジが一言 
誰も居ない海に時々サーファーが波乗りしてるんだ。 
((((;゚Д゚))))))) 

で… 、その時波乗りしていたグルプックのローカルの彼に話しを聴くと 
デザートポイントは潮流が凄い
多分、 バイクでボードキャリアに板だけの一人旅のサーファーツーリストがデザートポイントに来た

誰もいない海 、早速パドルアウト。 

その後に何らかのアクシデントで彼は2度と陸地に戻らず、バイクや彼の所有物は泥棒達の手のより無くなり 彼がそこに居た記録さえなくしてしまったのだろう 。

 そして…
その幻の彼は今でもデザートポイントで 波乗りしているんでしょう
今でも…
ずっと……
ずっと………

どんなスポーツもそうですが、多々の生命リスクを伴います。 
自身の能力を過信しないで無理は禁物。 
やめる勇気と第三者的に自分の能力を観て下さい。 
あなたはそこまで出来ません。

出来てたらあなたはインターナショナルでのプロです。 

You Tube見てできたら皆出来る。
ケリーの板乗ったら皆ケリー!?!?!? 
ソレが出来たらAV見た世の男は皆床上手w 🙈

皆様、海も山も空も陸も御安全に🙏 

以上、宜しくお願いします。 

http://www.ryosukehori.com で掲載されていた 2017/09/11 の記事です

Follow me!